社会への貢献

企業としての社会的責任を果たし、社会・お客さまとともに発展していくため、
各種社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。

当行では、行員や家族に、社会へ貢献する機会を提供し続けることにより、自ら考え、より自発的に仕事に取り組む姿勢を持った人材の育成や働き甲斐の醸成を進めることで、社会とともに発展することを目指しています。

すべてのお客さまに「満足」いただける銀行を目指して

店舗入口からATMまでの
点字ブロック

普通救命講習の様子

障がいのあるお客さまやご高齢のお客さまをはじめ、すべてのお客さまに「満足」いただける銀行を目指して、さまざまな取り組みを行っています。
すべてのお客さまに当行をより快適にご利用いただくための設備の充実、および行員一人ひとりがすべてのお客さまに配慮した接客を行うための体制の拡充に注力しています。

詳細はこちら

東日本大震災復興支援

東日本大震災により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
当行では、東日本大震災の発生後、行員によるボランティア活動をはじめ、現在でも被災地における活動を継続的に行っています。また、当行本支店において、防災や復興への意識を高める活動にも取り組んでいます。

復興への道のりがいまだ続く中、当行がボランティア活動などでお会いする被災地の多くの方は「震災や東北のことを忘れてほしくない」「現状を知るために是非東北に来てほしい」とおっしゃいます。当行は、東北地方にも営業拠点を置く金融機関として、これからも現地の方との交流、地域の産業活性化、復興へのサポートを続けていきます。

ボランティア活動実績

南三陸町への支援

宮城県の南三陸町は、当行が震災後にボランティアのため最初に訪問した被災地であり、私たちの活動の原点の地です。これからも活動を継続的に行い、地域とのつながりを深めていきたいと考えています。

詳細はこちら

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

震災の影響により耕作放棄地となった福島県いわき市の稲田にオーガニックコットンを植え、収穫されたコットンを製品化することで事業化を図り復興を目指す、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの取り組みを支援しています。

詳細はこちら

行員のボランティア活動の促進

社会とともに歩む良き企業市民として、当行は積極的にボランティア活動に参加できるよう仕組みを整えています。

ボランティア・マイレージ・プログラム

行員のボランティア活動を奨励する制度です。行員がボランティア活動に費やした時間をポイントに置き換え、ポイント相当額を社会貢献団体などに寄付・寄贈しています。

詳細はこちら

地域社会への貢献

当行では、環境、文化、市民活動支援などさまざまな観点から地域へ貢献する活動を行っています。

本支店における活動

地域により根ざした銀行として、お客さまをはじめ地域住民の皆さまが参加できるセミナーや交流会を開催しています。

清掃活動

地域社会への貢献活動として、河川敷・海岸のゴミを拾う活動に参加しています。行員が水質や自然回復などの環境問題を考えるきっかけにもしています。

詳細はこちら

FITチャリティ・ランへの協賛

東京の金融サービスおよび関連企業が力を合わせ、関東地域の非営利団体へ、寄付を通して支援を続けているFITチャリティ・ランの趣旨に賛同し、行員の参加を通じ、協賛および寄付を行っています。

その他

行員がより気軽に地域社会へ貢献できるよう、NPOと連携し、ボランティア活動だけでなく、不要品の寄付やリサイクルの取り組みも実施しています。

活動レポート

2016年12月11日 「FITチャリティ・ラン2016」に参加しました。

FITチャリティ・ラン2016

FITチャリティ・ランは、東京の金融サービスおよび関連事業を展開する企業が業界規模で、地域に根ざした活動を行っている非営利団体を支援することを目的とするチャリティ・イベントです。
当行は本年も、その主旨に賛同し、企業としての協賛と同時に、役職員とその家族・友人の総勢83名がランナー、ウォーカー、ボランティアとして参加しました。一金融機関としてまた個人としてチャリティ・イベントへ参加することを通じて、支援先団体を支援し、その活動への理解を深める機会になりました。

2016年11月21日 「クリスマスカード・プロジェクト」に協賛しました。

クリスマスカード・プロジェクト

クリスマスカード・プロジェクトとは、NPOワンダーアートプロダクションが主催するプロジェクトで、クリスマスカードに心温まるメッセージを書き、長期入院中の子どもたちに贈る取り組みです。
当行は本プロジェクトに企業として協賛するとともに、役職員とその家族・友人が参加し、計200枚のクリスマスカードにイラストやメッセージを込めて届けました。協力した役職員からは「受け取る子どもたちの笑顔を想像しながら、家族と楽しく参加することができた」「自分の子どもに、社会貢献の第一歩を教えるよい機会になった」というような声が寄せられています。

2016年6月1日 「夏の体験ボランティアキャンペーン2016」に協賛しました。

当行は、東京ボランティア・市民活動センターが主催する「夏の体験ボランティアキャンペーン2016」に協賛しました。本キャンペーンは、「ボランティアに関心があるけれど、なかなか"きっかけ"がない」という方のために、さまざまなボランティア活動の中から自分にあいそうなものを選んで、参加・体験できる企画です。ボランティアに気軽に参加してもらえるよう、お客さまや行員に呼びかけを行いました。

2016年5月16日 防災備蓄品の入れ替え品の寄付を行いました。

防災用品

当行は防災のため、緊急時の食料として、カンパンやアルファ米を用意しています。これらの防災備蓄品の賞味期限が切れる前に定期的に入れ替えを行っていますが、その際の入れ替え品のうち、賞味期限にまだ余裕があるものをセカンドハーベスト・ジャパン(NPO法人)へ寄付しました。
セカンドハーベスト・ジャパンは、このような食料を企業などから集め、生活困難者や福祉施設などへ届ける活動を行っている団体です。今回は、アルファ米(2950袋)、ミニクラッカー(1392缶)、カンパン(48缶)をお届けしました。

2016年4月22日 「平成28年熊本地震」に関する被災地支援の取り組み

九州地方における地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 当行は、被災された方々の救援や被災地の復旧のための義援金として1,000万円を寄付し、当行の親会社である台湾のCTBC Bankは約2,300 万円を寄付しました。
また、地震被害に遭われた被災地の一日も早い復興と被災者の方々の生活復旧に向け、熊本地震義援金サイトを立ち上げ、役職員のみならずお客さまへも広く支援の呼びかけを行っています。

2016年2月22日 台湾南部での地震に関する被災地支援の取り組み

台湾南部における地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 当行は台湾に親会社を持つ銀行として、このたびの地震被害に遭われた台湾南部の一日も早い復興に向け、台湾地震救援金サイトを立ち上げるなど、役職員のみならず支援を広く呼びかけました。
当行の親会社であるCTBC Bank(中國信託商業銀行)は、台湾の大手金融グループCTBC Financial Holdingの中核企業であり、台湾における民間銀行として最大規模の銀行です。CTBC Bankは地震発生後に、被災された方々に対して、義捐金 2,000万台湾ドルの提供(日本円換算 約7,000万円)、お客さま向けの緊急融資サービスとして、最高50万台湾ドルの融資対応、クレジットカードのお支払い猶予等の被災地支援を行っております。

2016年2月15日-3月31日 東日本大震災からの復興支援企画2016

東日本大震災からの復興支援企画2016

東日本大震災から5年。被災地の復興への思いを込めて、全国32の本支店では「東日本大震災を忘れない」写真展を開催しました。
また、「おいでよ東北!100万人お声がけキャンペーン」と題して、当行ATMレシート(ご利用明細票)の裏面に、被災地ボランティア活動で交流を続けている東北4自治体(岩手県の陸前高田市、宮城県の気仙沼市と南三陸町、福島県のいわき市)の観光情報などを掲載し、当行ATMをご利用のお客さまに向け情報発信しました。これに先立ち、2月15日には上野支店ファイナンシャル・ラウンジにてキャンペーン発表会を開き、4自治体のゆるキャラとご担当者が駆けつけてくださいました。

2016年1月16日 渋谷支店で、出張寄席プログラムを開催しました。

出張寄席プログラム

お客さまをはじめ地域住民の皆さまが参加できるセミナーの一貫として、1月16日には渋谷支店ファイナンシャル・ラウンジで出張寄席プログラムを開催し、お客さまとそのご家族の約40名にご参加いただきました。 渋谷の新設劇場ユーロライブで定期落語会を開いている「渋谷らくご」にご協力いただき、迫力のある落語を披露していただきました。会場となったセミナースペースは、約2時間の公演の間、終始笑いに包まれました。

2015年7月8日 高島平支店で、地域住民の皆さまを対象としたお茶会を開催しました。

地域住民の皆さまを対象としたお茶会

7月8日には、高島平支店ファイナンシャル・ラウンジにおいて、大学の茶道部に所属する学生らの協力を得て、地域住民の皆さまを対象としたお茶会を開催しました。
ご来場いただいた19名の参加者は、着物に身を包んだ学生によるお茶に関する歴史やお作法などの話を聞きつつ、季節のお菓子やお抹茶を楽しみまし た。会場では参加者同士、また学生や行員との会話も楽しんでいただき、とても和やかな雰囲気となりました。