社会への貢献

企業としての社会的責任を果たし、社会・お客さまとともに発展していくため、
各種社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。

当行では、行員や家族に、社会へ貢献する機会を提供し続けることにより、自ら考え、より自発的に仕事に取り組む姿勢を持った人材の育成や働き甲斐の醸成を進めることで、社会とともに発展することを目指しています。

すべてのお客さまに「満足」いただける銀行を目指して

店舗入口からATMまでの
点字ブロック

普通救命講習の様子

障がいのあるお客さまやご高齢のお客さまをはじめ、すべてのお客さまに「満足」いただける銀行を目指して、さまざまな取り組みを行っています。
すべてのお客さまに当行をより快適にご利用いただくための設備の充実、および行員一人ひとりがすべてのお客さまに配慮した接客を行うための体制の拡充に注力しています。

環境に配慮した取り組み

当行では、環境配慮型経営を行うにあたり、行員が参加しやすく、身近に感じられる環境配慮の取り組みとして、電力使用量削減のための積極的な消灯空調Off促進、リサイクルペーパーの積極的な導入、クールビズなどを行っています。

自然災害からの復興に向けた支援と寄付活動

東日本大震災および各地での災害により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。当行は、被災地の一日も早い復旧・復興を願い、自然災害等で被害に遭われた方々への寄付や、チャリティ活動による支援を行っています。

行員のボランティア活動の促進

社会とともに歩む良き企業市民として、当行は積極的にボランティア活動に参加できるよう仕組みを整えています。

ボランティア・マイレージ・プログラム

行員のボランティア活動を奨励する制度です。行員がボランティア活動に費やした時間をポイントに置き換え、ポイント相当額を社会貢献団体などに寄付・寄贈しています。

地域社会への貢献

当行では、環境、文化、市民活動支援などさまざまな観点から地域へ貢献する活動を行っています。

本支店における活動

地域により根ざした銀行として、お客さまをはじめ地域住民の皆さまが参加できるセミナーや交流会を開催しています。

清掃活動

地域社会への貢献活動として、河川敷・海岸のゴミを拾う活動に参加しています。行員が水質や自然回復などの環境問題を考えるきっかけにもしています。

FITチャリティ・ランへの協賛

東京の金融サービスおよび関連企業が力を合わせ、関東地域の非営利団体へ、寄付を通して支援を続けているFITチャリティ・ランの趣旨に賛同し、行員の参加を通じ、協賛および寄付を行っています。

その他

行員がより気軽に地域社会へ貢献できるよう、NPOと連携し、ボランティア活動だけでなく、不要品の寄付やリサイクルの取り組みも実施しています。

活動レポート

2018年2月 環境意識啓発のための、月次モニタリングの発信を開始しました。

行員に対して、電気使用量・紙使用量・紙リサイクル量の見える化による意識啓発のため、全行員へ月次モニタリング結果の発信を開始しました。

2017年度 行員参加による地域社会へのボランティア・チャリティの活動結果

パソコン教室

2017年4月には荒川清掃ボランティアを実施し、研修として参加した新入行員含め100名以上が参加しました。2017年12月には東京の金融関連の企業が業界規模で参加するチャリティイベント「FITチャリティ・ラン」に参加し、当行からは行員やその家族約80名が参加しました。また、児童養護施設の子ども達の自立支援を目的としてパソコン教室とお料理教室を計6回実施しました。

2017年8月 寄付先のNPO団体による行員向け説明会

行員向け説明会

行員が社会貢献活動により関心を持ち、理解する機会として、NPO4団体を招いて、社会課題や活動内容について行員向けに説明するセミナーを行いました。行員からは、それまで知らなかった課題についての深刻さや内容に衝撃を受けたという感想も多く挙げられました。

2017年8月 「ボランティア・マイレージ・プログラム」による寄付

当行では、行員のボランティア活動を奨励する制度として、行員がボランティア活動に費やした時間をポイントに置き換え、ポイント相当額を社会貢献団体などに寄付・寄贈する「ボランティア・マイレージ・プログラム」を導入しています。
2016年度分のポイントは、行員が社会課題について知り、より関心を持つことができるように、各NPO団体への寄付金額を行員の投票によって決定しました。2016年度のポイントは、被災地支援、子ども支援、動物愛護等の活動を行う9つの団体に寄付しました。

2017年7月 九州北部大雨災害への対応について

九州北部大雨災害の被害に遭われた九州北部の一日も早い復興に向け、義捐金サイトを立ち上げるなど、役職員のみならずお客さまへも広く支援の呼びかけを行いました。

2017年2月 21世紀金融行動原則およびCOOL CHOICEに署名しました。

従来実施してきた環境に配慮した取り組みを、より積極的、体系的に行っていくため、金融機関の主体的な取り組みによる「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」および「地球温暖化対策のための国民運動COOL CHOICE( =賢い選択)」の趣旨に賛同し署名しました。