次世代を担う人材の育成

企業としての社会的責任を果たし、社会・お客さまとともに発展していくため、
各種社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。

若手行員の育成に加え、金融機関の社会的使命として、次世代を担う子どもや学生に対して、それぞれが金融に関する知識を習得しさまざまな体験ができる場を提供することで、金融の重要性や社会の中での役割を理解し、将来に役立たせることができる人材を育成することを目指しています。

行員参加による金融教育・出前講座・企業見学

子どもや若者が、仕事について学んだり、銀行業務を体験する機会を提供します。子どもたちの職業観の拡大や社会的スキルアップへ貢献し、それらが若者の起業や有意義な職業選択につながるように支援します。
この活動の中で行員が講師となって専門的スキルを発揮しながら、社会貢献する機会にすることも目的の一つです。

子ども向け金融教育

銀行の専門性を活かし、子どもや若者に対する金融教育を行っています。銀行業務や、お金についての知識、起業体験など、さまざまな種類の講座を行っています。学校やNPOからのニーズを踏まえつつ、子どもたちが楽しんで学べるよう工夫しています。

お金のスタートレーニング

出前講座

業務における行員の専門的スキルや、行員一人ひとりの知見や経験を活かした出前講座を行っています。

キッズデイ

夏休みに、行員の子どもたちが、オフィスの見学や銀行業務を体験して、親が携わっている仕事に親しみます。

貧困や虐待など困難な状況におかれている子どもへの支援

日本で増加していると言われる子どもの貧困や虐待などの課題の解決に注力し、行員やお客さまとともに、子どもの社会課題を解決していくことを目指しています。
困難な状況にある子どもは、その環境から脱して将来自立することは容易でないと言われています。子どもたちが将来希望を持って、自立した生活を送ることができるよう、金融教育や、貧困や虐待などの社会課題に関する啓発活動を行っています。

自立に向けた金銭教育支援

自立に向けて、お金を自分自身で管理していくための知識や経験を身に付けるための支援を行っています。
希望する進学に向けたファイナンシャルプランや、卒業後の進路の考え方など、子どもが自身の希望をかなえ、幅広い選択肢を持てるよう働きかけています。

児童養護施設の子どもへの支援

さまざまな家庭環境などを背景に家族と暮らすことができない子どもへの支援を目的にした活動を行っています。
NPOや児童養護施設と協力し、家庭での経験やボランティア活動など、幅広い体験と社会的スキルを得られる機会の提供などを行います。

活動レポート

2018年1月 本店にて、ひとり親家庭の親子を対象に、クラシックコンサートを開催しました。

ひとり親家庭の親子を対象に、当行本店でコンサートを開催しました。これは、芸術に触れる機会を提供し、情緒の成長に寄与することを目的として、未就学児にクラシックコンサートを届ける活動を行うNPO団体と連携した活動です。子ども達は手を叩いたり、歌ったり、自由に楽しみ、保護者からは「子どもに本物の音を聞かせることができよかった」などのご感想をいただきました。

2017年度 金融教育の活動結果

2017年度は、金融教育を計12回、約350人の親子に対して実施し、またNPOからの希望に応えて2018年3月には初めて中学生向けの講座も実施しました。参加した子どものアンケートからは、「おかねってこんなだいじだったんだ」「またさんかしたいくらいたのしかったです」「考えを深められた。夢に一歩近づけた気がする」などの感想が聞かれました。
2017年度から金融教育講座のボランティア講師を行内から募り、2017年7月には、初めてボランティア講師が講師養成講座を経て登壇しました。

2017年11月 子ども虐待防止 オレンジリボン・キャンペーンを実施しました。

厚生労働省が定める「児童虐待防止推進月間」である11月には、子ども虐待防止オレンジリボン運動の認知度および虐待防止に対する意識を高めることを目指し、「東京スター銀行 子どもと家族へ、やさしさを オレンジリボン・キャンペーン」を実施しました。今回で3回目となる当キャンペーンでは、当行店舗において約4000人のお客さまに啓発グッズを配布するなど、啓発活動を行いました。また当行本店においても行員が自発的にオレンジリボンのバッジを胸に装着し、虐待防止をアピールいたしました。

2017年11月 行員向けに、里親制度説明会を開催しました。

家庭での養育が困難または受けられなくなった子どもなどに、温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境のもとでの養育を提供する制度である里親制度についての理解を深めるために、里親制度説明会を開催しました。

2017年10月 行内啓発セミナー 「金融機関の私たちが知っておくべき日本の子どもの課題」を開催しました。

オレンジリボン・キャンペーンに先立ち、10月には、日本の子どもを取り巻く社会課題の現状についての行員への啓発活動として、行内セミナー 「金融機関の私たちが知っておくべき日本の子どもの課題」を実施しました。「子どもの貧困が日本経済に及ぼす影響」や「貧困家庭での金融リテラシーの状況」など、子ども支援のNPOの方などからお話をいただきました。