ダイバーシティ TALK障がい者雇用

入行前のキャリア、現在の仕事について

大学卒業後、パリコレに参加している会社に勤務し、その後1年弱ワーキングホリデーでフランスに渡っておりました。以前から海外生活に憧れており、耳が聞こえなくても挑戦できるのでは?という思いや、友人、知人には英語圏に行く人が多く、彼らとは違う国へ行ってみたい、との思いからフランスに渡ることを決めました。ドイツとの国境にある、フランス第三の都市でクリスマスマーケットが非常に有名な、ストラスブールという都市に滞在していました。
フランスでは障がい者への雇用が開かれておらず年金で生計を立てる人が多いようです。駅にエレベーターがないなど障がい者にとって厳しい環境でしたが、私が生活した周囲の方々は障がいへの理解があり、主にボディランゲージや英語で親しみを持って接してくれましたし、時には片言のフランス語でコミュニケーションをとりました。日本は障がい者関連の法整備が進んでおり、雇用面など恵まれた環境にあることも実感しました。

フランスに渡った後、日系企業等での勤務を経て、2017年11月に東京スター銀行に入行し、現在1年半近くになります。総務部で入館カード作成、会議室承認、備品の発注等の業務を行っています。

当行の障がい者雇用について思うこと

東京スター銀行は、これまでに働いていた会社より積極的に障がい者雇用をしているように感じます。障がい者を雇用するだけでなく、有志を対象に障がいに関する勉強会が定期的に行われているので障がいについて理解を深めようとする姿勢が見られます。

私は重度の聴覚障がいを持っており、日常生活では手話でコミュニケーションを取っています。その為、2018年6月に本社5階研修室で行われた手話勉強会に手話の講師として参加しました。以前の職場ではそういった経験がなく、とても緊張しましたが、約30名の方が参加してくれ非常に盛り上がりました。
それがきっかけで他部署の方も手話で挨拶してくれるようになり、また部内でも手話に対する意識が高まりました。部内のプチ手話勉強会を開催し、現在は仕事に必要な単語を部内の方が覚えてくれ、手話で簡単なコミュニケーションを取れるようにまでなりました。皆さん積極的に手話を使ってくれます。例えば、ブギーボードをご存知ですか?筆談ができる電子ボードです。以前は私しか持っていませんでしたが、今は部署内で同じ仕事をする仲間全員が持っており筆談でもスムーズにコミュニケーションが取れるようになりました。挨拶だけでも手話でしてくれると、それだけで親近感が生まれ信頼も深まります。
手話勉強会を開催する機会が今後もあれば、講師としてまた参加してみたいと思っています。本部の行員を対象とするだけではなく、障がい者の方が多く訪れる営業店の行員や当行のお客さまに向けての勉強会もいつかできたらいいなと思います。

また、障がいに関する勉強会は私自身が他の障がいについての理解を深めるきっかけにもなりました。私は聴覚障がいがありますが、他の障がいがある方への知識はあまりなく、メディアを通じて得たイメージで付き合いを避けることもありました。しかし勉強会で他の障がいへの知識を得ることができ、当行に勤務する他の障がい者と知り合いになり、勉強会以外にも連絡を取り合うまでになりました。障がいについては、共に過ごしてみないと分からない事が沢山あるのだと実感しました。

休暇の過ごし方

ジムで汗を流すことが好きです。パンや甘い物も大好きなのでパン屋さんやカフェ巡りをしています。また、地元のビーチでお酒を飲みながら散歩をしてリフレッシュしています。クラブに行くのも好きで、補聴器で音楽のリズムを感じ、体に伝わる音の響きを楽しんでいます。

今後の目標

色々なことに挑戦したいです。 新しい料理に挑戦したり、国内でまだ行ったことがない場所へ訪れたり、色々な国へ旅行したりして様々な文化に触れ視野を広めたいです。金融業界で働くことは初めてで、もっと勉強しようと図書館に通って本を読んだりしているので、いつかFPの資格を取ってみようと考え中です。

家族も、私の意思を尊重してくれ、新しいことにチャレンジすることもいつでも応援してくれています。両親も聴覚障がいがありますが、両親が若い頃には言葉を学ぶこと、自動車に乗ることなど、できないことが沢山あったそうです。「今の若者は自由にチャレンジできる。あなたの人生なのだから何でもやってみなさい。」と言ってくれます。
小さな頃から、私は内向的でした。耳が聞こえないので聞こえる人との関わりを避けることが多かったのです。両親の応援や、フランスに渡った経験、当行での業務、勉強会などの経験を通して明るく社交的になれました。自分から積極的にコミュニケーションをとり始めると、周囲の人もそれに気がついてくれるのでしょうか。進んで私に関わってくれるようになり、動いてくれるようになり、人生が楽しく感じられるようにもなりました。今は常に新しい自分に出会えるのを楽しみに、新しいことにチャレンジし新しいことを取り入れたいと考えています。