東京スター銀行 RECRUITING SITE

東京スター銀行トップページ

TOPビジネスを知る部門紹介 > 金融市場部門

ビジネスを知る

Business Divisions 部門紹介

金融市場部門

金融市場部門の特徴

東京スター銀行の金融市場部門は、銀行ビジネスの基盤となる資金調達や資金運用を行いながら、銀行が抱える金利リスクや為替リスクをはじめとするさまざまな市場リスクをコントロールし収益を最大化しています。
また、お客さまのリスクヘッジニーズを正確に理解し、高度な金融技術を駆使した最適な金融ソリューションを提供しています。

コーポレートファイナンスビジネスの特徴
金融サービス提供

金融市場取引業務

時々刻々変化する世界情勢や世界各国の経済情勢を瞬時に反映する金融市場、主として世界中の主要金融機関同士が直接取り引きを行うインターバンク市場で、リスクをコントロールしながら、債券取引、デリバティブ取引、外国為替取引、資金取引を行っています。瞬時に数十億円から数百億円の取り引きを行いますので、正確な金融商品の知識と冷静な判断力が要求される業務です。

法人向けデリバティブセールス取引業務

事業法人向けに、金利変動リスクや為替変動リスクをヘッジするソリューションを提供しています。
専門チームにて、金融工学を駆使し、リスクを抑制しつつ、お客さまのニーズ・ポジションに応じた有効なヘッジツールをテーラーメイドで開発しています。さらに、マーケットを熟知したプロの営業担当者が、全国のお客さまのさまざまなご要望に、スピーディーかつフレキシブルに対応し、最適なデリバティブ・ソリューションを提供しています。

クレジット関連純投資業務

主として、市場を通じて、「信用リスクを取り収益を得る」という純粋なクレジット投資ビジネスを展開しています。投資対象としては、コーポレートクレジット関連の社債、各種証券化商品、住宅ローン等の集合債権で、投資形態も、債券・受益権・ローン等多岐にわたります。市場動向を見極めながら、投資対象の各種リスク分析を行った上で、そのリスクに対するリターンが得られるかを判断することが重要となります。

ページトップに戻る

サイトマップ

プライバシーステートメント