東京スター銀行 RECRUITING SITE

東京スター銀行トップページ

TOP仕事を知る行員紹介 > 大林 健太

仕事を知る

Staff Interview 行員紹介

個人金融部門マーケティング・プロダクツ本部
セグメント戦略推進部

大林 健太2014年度新卒入行 総合職

お客さまにも会社にも貢献できる企画に
取り組むことを通して自分も成長する!

学生時代は会計・経営分野を学んでいて、就職活動では資金面から企業活動を支える銀行一本にしぼって活動しました。東京スター銀行を就職先に選んだのは、若手行員への期待が大きい、中途採用行員が多いので様々な分野の知識・ノウハウを学ぶことができる、お客さまの要望に真摯に取り組む姿勢がある、などが主な理由でしたが、一番の決め手になったのは、3次面接の時の印象でした。部門リーダーの方と1対1で30分間の面接で、他行と違って自分が学生時代に何をしてきたかを聞かれるわけではなく、入行したら何をしたいか、何ができるかを真剣に聞いてくださったのです。今、自分が考えていることと、銀行が取り組んでいることのギャップを埋めてくれようとしていることが伝わってきて、とても好感をもちました。
入行して4年間、小岩支店でリテール業務を体験した後、現在のセグメント戦略推進部に異動になりました。

現在、販売促進のためのキャンペーンなどの企画・実行、東京スター銀行のブランドイメージを高めるための広告業務に携わっています。まず営業店のニーズや外部環境などの調査からスタートし、それに基づいてキャンペーン施策の企画・立案を行い、部署内外との交渉・調整を経て、正式なゴーサイン後、チラシやポスター、Webページなどの制作を行います。異動当初は営業店業務とはまったく違う業務なのでとても不安でしたが、広告業界出身の上司・先輩方から指導・アドバイスをいただき、1つ1つ学びながら仕事に取り組んでいます。
この業務で難しいのは、コンプライアンス面での制約があること。自分ではこうすればより強くキャンペーンをアピールできると思っても、法律的にNGになるケースがよくあるのです。

一定のルールや指針はありますが、それだけでは不十分なので関連部署に確認して過去の事例や他行の取り組みなども参考にします。他行との差別化を図りつつ、東京スター銀行の強みを最大限にアピールできる施策を練り上げていくのは大変ですが、その分、キャンペーンが成功した時や、自分で考えた制作物ができ上がった時は、営業店業務とは違った新鮮な達成感・満足感を味わうことができます。
今の業務に携わってまだ1年なので、マーケット情報の理解力や制作物のデザイン力をアップさせ、お客さまにも会社にも大きく貢献できる企画の立案に取り組んでいきたいと思っています。そして、“資産運用なら東京スター銀行”という認識が世間一般のコンセンサスになることを目標に、仕事を通して自分自身も成長していきたいです!

一覧ページに戻る
ページトップに戻る

サイトマップ

プライバシーステートメント