東京スター銀行 RECRUITING SITE

東京スター銀行トップページ

TOP仕事を知る行員紹介 > S.K

仕事を知る

Staff Interview 行員紹介

たくさんのお客さまと心が通い合う、人間的な魅力を持った銀行員を目指して。

個人金融部門 大宮支店 2012年 新卒入行 S.K

大学時代、私は教育学部で学び、教師を目指したこともありましたが、就職活動のときにはより広く社会のことを知りたいという気持ちが高まり、金融業に興味を抱くようになりました。中でも銀行は人の生活や企業の経済活動と深く関わり、扱う商品やサービスも多様です。私は、そうした環境で自分の可能性を試してみたいと思い、銀行員を目指しました。そしていくつかの銀行を研究した結果、先進的でユニークな金融サービスを提供している東京スター銀行に入ろうと決意したのです。
入行後、最初はコミュニケーションセンター(コールセンター)に配属になり、預金口座をお持ちのお客さまに定期預金などいろいろな商品を電話でご案内し、お客さまとの接し方や商品知識の基礎を学びました。そして1年後、大宮支店に異動となり、ブースでお客さまと直接対面しながら営業するファイナンシャルアドバイザーとなりました。お客さまに初めて対面営業で大口の定期預金をご成約いただいたときは、非常に緊張してしまいましたが、この喜びは今も忘れません。
当行には預金や運用・投資を目的としたお客さまが多くいらっしゃいますが、金融市場は常に変化するため、当時の私の経験や知識ではお客さまになかなかうまく説明できないことがありました。ただそれでも、私はお客さまの考え方を焦らずじっくりと時間をかけて伺うことで、一歩ずつ勉強し、経験を積んでいこうと考えていました。お客さまは一人ひとりが考え方も生活環境も異なり、コミュニケーションの取り方も違います。ご自分から積極的に問い合わせいただける方もいらっしゃれば、こちらからアプローチすることを好まれない方もいらっしゃいます。私はそんなお客さま一人ひとりの立場を考え、適度な距離感を取りつつ連絡を絶やさないよう心がけました。
そんな中で最近、行内のコンテストで表彰される嬉しい出来事がありました。コンテストは同規模の支店グループで、投資信託と保険商品の個人成約高を2ヵ月間に渡って競うものでした。私は最初の1ヵ月は成績が振るいませんでしたが、2ヵ月目に入って成約率がグッと上がったのです。その理由は、半年以上も前からアプローチしていたお客さまや、普段から担当しているお客さまなどから大口の成約を立て続けにいただけたことでした。私はこの時、自分のお客さまがお持ちになっている商品とその満期情報を全部頭に入れ、電話でのフォローやアポイントなど、やるべきことを自然に心がけるようになっていました。私は、お客さまの立場を考え、行動することで、お客さまとの信頼関係を築き上げていくことが、結果として成約にもつながり、良い成績につながることがわかり、大きな自信を得ることができました。

私がこうしたお客さまとの信頼関係を何より大切にするようになったのは、尊敬する一人の先輩との出会いがきっかけでした。その先輩は、最新の流行から歴史、文化、芸術、古美術などまで、とても幅広い知識を持っており、お客さまの趣味や価値観に合わせてさまざまな話ができるのです。私は彼の仕事を目の当たりにして、私たちは金融のプロとしてお客さまに接することはもちろん、人間性も問われているのだと教えられました。私も、金融の知識だけでなく世の中の動向に目を向け、つねにアンテナを張ってさまざまな知識や教養を身に付け、少しでもその先輩のように魅力ある人間になりたい、そして一人でも多くのお客さまから信頼されるようになりたいと考えています。

一覧ページに戻る
ページトップに戻る

サイトマップ

プライバシーステートメント