東京スター銀行 RECRUITING SITE

東京スター銀行トップページ

TOP仕事を知る行員紹介 > 井口 靖也

仕事を知る

Staff Interview 行員紹介

金融市場部門市場営業部

井口 靖也2016年度新卒入行 総合職

若手でも専門性の高い業務に挑戦できる!
その魅力的な環境で仕事への責任感が育まれた。

就職活動では当初メーカー中心に活動していましたが、銀行に勤める叔父のアドバイスもあり、金融業界に志望変更しました。金融機関というと堅くて店舗にも入りにくいイメージがありましたが、東京スター銀行の店舗はオレンジのポップなカラーで入りやすく、柔らかい雰囲気で好印象を持ちました。そして、会社のことを詳しく調べる中で、若いうちから新しいことにチャレンジさせてくれる環境が整っていると知り、入行を決意しました。
入行後、上野支店に配属され、2年ほどリテール業務を経験している時に、たまたまゴルフ部の先輩社員からデリバティブ関連業務の話を聞き、興味を持ちました。もともと法人金融部門を希望していたこともあり、異動願いを出したところ、希望が通りました。
現在の業務内容は、デリバティブ案件について、法人金融部門の営業担当者のサポートを務めています。

お客さまに提案する際の商品設計に関するアドバイスや、商品提案書、社内向け稟議資料、重要事項説明書などの作成を行い、提案から約定までの流れを全般的にサポートします。
そもそもデリバティブとは金融派生商品と呼ばれ、リスクヘッジや高収益を目的として既存商品を組み合わせてオーダーメイドで作る商品で、その取引量は世界経済の3倍の規模があると言われています。自分の判断で自由に新しい商品を組成できるため、オリジナル商品を作れる面白さがある半面、お客さまのニーズを十分に理解しなければならないという難しさがあります。また、一般事業会社を中心とした法人がお客さまなので、個人のお客さまとは資産規模が違い、仕事のスケールが大きいこともこの仕事のやりがいにつながっています。

学生時代は問題が起こっても誰かが何とかしてくれるという甘えがありました。
しかし、社会人になって約4年が経ち、仕事を通してお客さまや行内の人たちとの関係性の中で、自分の言動がどれだけ影響力があるかを自覚するようになり、自分で何とかするという当事者意識と責任感が持てるようになったと感じています。
東京スター銀行の魅力は、さまざまな業界から中途採用で入行した社員が多く、その人たちと一緒に働く中で多様な知識を得られること。また、親会社である台湾のメガバンクCTBC Bankとの連携でアジア圏でのビジネスにも取り組めること。そして、若いうちからデリバティブなどの新しい業務にチャレンジさせてもらえることです。さらに、そのチャレンジをしっかりと評価してもらえるので、自分自身の成長にもつながります。皆さんも、そんな東京スター銀行の魅力に触れてみてください!

一覧ページに戻る
ページトップに戻る

サイトマップ

プライバシーステートメント