東京スター銀行 RECRUITING SITE

東京スター銀行トップページ

TOP仕事を知る行員紹介 > K.H

仕事を知る

Staff Interview 行員紹介

スピードとフレキシビリティを持ってM&Aを通じ企業成長に貢献できる喜び。

法人金融部門 投資銀行部 コーポレート&アクイジションファイナンス 2010年 中途入行 K.H

私が現在所属しているコーポレート&アクイジションファイナンスは、主に企業やプライベートエクイティファンド向けのLBOファイナンス※を中心に、さまざまなM&Aに関連するファイナンスを扱う部署です。私は、東京スター銀行へ入行したことによりM&Aファイナンスに触れ、一からキャリアを積むことができました。

東京スター銀行への入行以前はノンバンクにいました。当時、中堅中小企業の資金調達は銀行借入によるものが大半であり、企業やその経営者を理解し多様な資金需要に応えるために、銀行融資業務を経験してみたいと考えたのが転職のきっかけですが、ストラクチャードファイナンスに強く、他行よりもエッジが効いていそうな東京スター銀行であれば、専門性を高められると思い、入行を決意しました。入行前後で東京スター銀行に抱いていたイメージのギャップはなく、行員一人ひとりの仕事の幅が広く、各専門部署にプロフェッショナルな人材が豊富で、自身の専門性を高めるには最適な職場であると強く感じています。

入行当初は中堅中小企業向けの一般融資営業でしたが、あるお客さまが同業企業の買収を検討し、その買収資金のご相談をいただいた際、M&Aファイナンスの専門部署である現チームと協働で対応することとなり、初めて実務でM&Aに携わったことがとても良い経験になりました。現チームが買い手および買収対象先の与信判断だけではなく、M&Aの多様なリスクを排除するためにファイナンスストラクチャーを手作りしている様子を目の当たりにし、この分野に強い興味を持ち、自分もそのようなファイナンスの組成をしたいと考えるようになりました。

その機会は思っていたよりも早く訪れ、翌年には現チームへ異動となりましたが、当時は業務内容の変化に対応することに非常に苦労しました。M&Aファイナンスは検討すべき事項が多岐に渡り、その内容も専門性が求められ、プロジェクトごとの検討期間が非常にタイトですので、法人融資業務に慣れたばかりで、M&Aの知識がほとんどない私にとっては、この異動自体が大きなチャレンジであったと思います。今までストラクチャーや専門知識について実務を通じて学び続け、最近ようやく業務にも慣れてきたところですが、これも上司や先輩方が指導してくださったおかげです。高いモチベーションを維持し、努力を怠らなければ、未経験の分野であっても挑戦させてくれ、個人の成長を促す土壌があるということは、東京スター銀行の大きな魅力であると思います。

M&Aファイナンスは、事業承継など企業の経営母体の転換時に行うファイナンスであり、買収対象先の成長を支援していることに銀行員として大きなやりがいを感じています。買収対象先のビジネスモデルやストラクチャーは毎回異なるため、どれ一つとして同じプロジェクトとなることはなく、この業界の先輩方には経験・知識面でまだまだ及ばず、今後も学ぶことは多いです。東京スター銀行でのM&Aファイナンスをお客さまに選んでいただけるのは、東京スター銀行が持つ他行にないスピードとフレキシビリティであり、個人の成長がそのまま組織の強みに繋がっていると思います。今後もお客さまの期待に応えられるように、チャレンジし続けていきたいです。

※企業を買収する際に、買収対象先の企業の資産と将来収益を担保に買収資金を金融機関から調達する手法

一覧ページに戻る
ページトップに戻る

サイトマップ

プライバシーステートメント