セキュリティについて

お客さまにより安全に、より安心してお取り引きいただくため、東京スター銀行では、セキュリティ対策・金融犯罪におけるさまざまな取り組み・サービスを提供しております。
お客さまの大切なご資産を守るためにぜひご活用ください。

金融犯罪に遭われたら

万一、金融犯罪に遭われた場合、当行お問い合わせ窓口、および最寄りの警察署等にご連絡ください。少しでも不審に思われる事態が発生した場合も、ご連絡いただくことで被害を最小限に抑えることができるかもしれません。

当行では、預金者保護法および全国銀行協会の申し合わせにそって、個人のお客さまに生じた被害について以下のように補償します。

キャッシュカード規定の改定と被害補償の実施

弊行では預金者保護法の施行に伴い、2006年2月10日よりキャッシュカード規定を改定し、個人のお客さまの偽造・盗難キャッシュカードによる預金等の不正払戻しの被害に対する補償を実施することといたしました。

偽造カード

偽造カード被害につきましては、お客さまに故意または重大な過失があることを弊行が証明した場合を除き、払戻しそのものが無効である旨規定に明記いたしました。

盗難カード

盗難カード被害につきましては、「1」カード盗難に気付いたら速やかに弊行に通知していただくこと、「2」弊行の調査に対し十分な説明を行っていただくこと、「3」警察に被害届をご提出いただくこと、を前提に、原則通知があった日から30日前の日以降になされた払出しについて補償いたします。なお、ご本人に過失があることを弊行が証明した場合の補償額は4分の3となります。
ただし、これらはカードの盗難から2年を経過する日後に通知をいただいた場合には適用されません。さらに、ご本人に重大な過失がある場合、ご本人の配偶者、二親等以内の親族、その他同居人または家事使用人によって行われた場合、またはご本人が被害状況の説明において重要な事項について偽りの説明を行った場合には被害補償の対象とはなりません。

改定したキャッシュカード規定は、店頭に設置してございますので、ご希望のお客様は窓口までお申出ください。なお、万一、被害に遭われましたら、警察にお届けいただくとともに、弊行までご連絡をお願いします。

以下にお客さまの「重大な過失」または「過失」となりうる場合を例示いたしますので、十分ご注意をお願いいたします。

重大な過失または過失となりうる場合

  • 1. ご本人の重大な過失となりうる場合
    • (1) ご本人が他人に暗証を知らせた場合
    • (2) ご本人が暗証をカード上に書き記していた場合
    • (3) ご本人が自らカードを他人に渡した場合
    • (4) その他ご本人に(1)から(3)までの場合と同程度の故意と同視しうる程度に著しい注意義務違反があると認められる場合
  • 2. ご本人の過失となりうる場合
    • (1) 次の〈1〉または〈2〉に該当する場合
      • 〈1〉 弊行から生年月日などの類推されやすい暗証番号から別の番号に変更するよう個別的、具体的、複数回にわたるお願いをしたにもかかわらず、生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバーを暗証にしていた場合であり、かつ、キャッシュカードをそれらの暗証を推測させる書類等(免許証、健康保険証、パスポートなど)とともに携行・保管していた場合
      • 〈2〉 暗証をメモなどに書き記し、かつ、キャッシュカードとともに携行・保管していた場合
    • (2) (1)のほか、次の〈1〉のいずれかに該当し、かつ、〈2〉のいずれかに該当する場合で、これらの事由が相まって被害が発生したと認められる場合
      • 〈1〉 暗証の管理
        • 1. 生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバーを暗証にしていた場合
        • 2. 暗証をロッカー、貴重品ボックス、携帯電話など金融機関の取引以外で使用する暗証としても使用していた場合
      • 〈2〉 キャッシュカードの管理
        • 1. キャッシュカードを入れた財布などを自動車内などの他人の目につきやすい場所に放置するなど、第三者に容易に奪われる状態においた場合
        • 2. 酩ていなどにより通常の注意義務を果たせなくなるなどキャッシュカードを容易に他人に奪われる状況においた場合
    • (3) その他(1)、(2)の場合と同程度の注意義務違反があると認められる場合。
  • 3. その他(1)、(2)の場合と同程度の注意義務違反があると認められる場合。

インターネットバンキング「東京スターダイレクト」の不正利用被害に対する補償について

個人のお客さまにおかれまして、東京スターダイレクトの不正利用による被害に遭われた場合、以下を前提に、原則として通知があった日から30日前の日以降になされた払い出し等について補償いたします。

  1. 不正な預金の払い出し、振り込みに気付いてからすみやかに弊行に通知していただくこと
  2. 弊行の調査に対し十分なご説明を行っていただくこと
  3. 警察に被害届をご提出いただくこと
  • ※ ご本人に過失があることを弊行が証明した場合の補償額は4分の3となります。
  • ※ ご本人に重大な過失がある場合、ご本人の配偶者、二親等以内の親族、その他同居人または家事使用人によって行われた場合、ならびに被害状況の説明において、ご本人が重要な事項について偽りの説明を行った場合には被害補償の対象になりません。

お客さまの重大な過失となる、または過失となりうる場合

東京スターダイレクトの不正利用被害に対する補償は、盗難カードの場合と異なり、重大な過失や過失の類型を定型化することが難しいことから、被害に遭われた際の状況や事実関係を十分確認のうえ、個別に判断させていただきます。

振り込め詐欺救済法について

「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(振り込め詐欺救済法)」が、2008年6月21日に施行されました。この法律に基づき振り込め詐欺等の犯罪に利用され、口座凍結等で金融機関の口座に残っている資金の返却手続きを開始します。この照会については、下記の電話でお受けしますので、ご連絡ください。

東京スター銀行

03-3586-3111(代表)
平日 9:00 〜 17:00(土・日・祝除く)

※振り込め詐欺救済法の被害金支払い対象の預金口座の確認は、以下の預金保険機構のホームページでご確認ください。
預金保険機構のHP「振り込め詐欺救済法に基づく公告」はこちらから。

預金保険機構 ウェブサイト

お問い合わせ先

インターネットバンキングを緊急停止したい場合

至急以下のフリーダイヤルにご連絡ください。【年中無休24時間対応】

0120-917-517

不正送金被害が疑われる場合には、至急警察署にもお届けください。

カード・通帳・お届け印の紛失、盗難にあわれた場合

【平日 9:00〜16:00(土・日・祝除く)】

至急お取引店にご連絡ください。お取引店の電話番号は「ファイナンシャル・ラウンジ(店舗)一覧」からお調べください。

ファイナンシャル・ラウンジ
(店舗)一覧

【上記以外の時間帯】

0120-917-517

  • あわせて紛失・盗難の場合には、至急警察署にもお届けください。

振り込め詐欺等に関するお問い合わせ先

「金融犯罪対策チーム」とお申し付けください。

03-3586-3111(代表)

平日 9:00〜17:00(土・日・祝除く)

東京スターダイレクトインターネットバンキング

ログイン 新規お申し込み

ログインできない場合はこちら

口座開設

運転免許証があれば、アプリで簡単・便利に口座開設

東京スター銀行の魅力

お電話でのお問い合わせ

口座をお持ちでない方

0120-82-1189(無料)

平日9:00-21:00
土・日・祝 9:00-17:00

口座をお持ちの方

0120-81-8689(無料)

平日8:00-22:00
土・日 8:00-19:00

携帯・PHSからも
ご利用いただけます

お問い合わせ先一覧