物価が上昇するとお金の価値は下がる!?

物価が上昇するとお金の価値は下がる!?イメージ画像100万円を年利0.5%の円定期預金に預けたとすると1年後は100万4,000円になります(税引後)。次に、同じ1年間で物価が2%上昇したとします。例えばダイヤモンドの指輪が100万円だったとして、2%上昇すると102万円になります。1年前は100万円で買えましたが、1年後に同じ指輪(102万円)を購入しようと思っても、お金が100万4,000円(税引後)しかないので買えません。お金は確かに増えていますが、お金の価値は減少していることになります。たとえ物価が上昇しても、金利がそれ以上に上昇すれば預金も安心ですね。