外貨預金とは

  • お金の増やし方
  • 2020.03.07
外貨預金とは 外貨預金とは

1. 外貨預金とは?円預金との違いはなに?

数ある金融商品の中でも知名度が高く、実際に利用している方も多いのが銀行預金ではないでしょうか? 銀行預金には、日本円をそのまま預ける円預金とは別に、日本円を外貨に換える等して預ける外貨預金が存在します。 ここでは、両者の違いについて触れて説明いたします。

円預金は出し入れが容易なので非常に便利な存在となっています。ただし、現在の日本では金融緩和政策により金利が引き下げられているので、利息による収益はほとんど期待することができません。

一方、先に述べたように外貨預金は外貨に換える等して預ける仕組みになっています。外貨預金の金利は、各国の金利市場の動向に応じて決定されますので、日本の金利水準よりも高いケースが多くなっています。

加えて、外貨預金なら利息とは別に為替差益と呼ばれる収益が得られる可能性もあります。為替差益とは、預入時(日本円を外貨に換えたタイミング)よりも引出時(外貨を日本円に戻したタイミング)の為替相場が円安(外貨に対して円の価値が低くなっている状態)になっていると発生するものです。反対に円高(外貨に対して円の価値が高くなっている状態)になっていると為替差損を被ることになりますので注意が必要です。また、外貨預金は円預金と異なり、預金保険の対象外となっております。

2. 円高・円安の仕組みとは?

そもそも円高・円安とはどのような現象で、なぜ為替差益や為替差損に結びつくのかについて、具体例を挙げながら説明しましょう。たとえば、1米ドル=100円の時点でドルの外貨預金に日本円10万円分を預けたと仮定します(ここでは為替手数料については考慮していません)。

このケースでは、「10万円÷100円/米ドル=1,000米ドル」を預けた計算になります。そして、為替相場が1米ドル=110円に変動した時点でドル預金を日本円に戻すとどうなるでしょうか?

まず、預入時は100円で1米ドルを得られましたが、ドルを円に戻す時には1米ドルの価値が110円になっています。このように、米ドルに対して円の価値が低下した現象を円安と呼んでいます。

円の価値の低下分は1米ドル当たり10円で、これが外貨預金で預けた1,000米ドルにどのような影響を及ぼすのでしょうか?預けていた1,000米ドルを1米ドル=110円のレートで日本円に戻すと、「110円×1,000米ドル=11万円」になります。
ドルの価値が高まったことで、その分(1米ドルあたり10円)だけ日本円にたくさん換えることができたのです。このように増えた1万円(=11万円−10万円)の収益を、為替差益と呼びます(ここでは利息および利息の税金、為替手数料を考慮していません)。

では、預けていた1,000米ドルを為替相場が1米ドル=90円になったタイミングで日本円に戻した場合はどうなるでしょうか? 

先程のケースとは逆に、ドルに対して日本円の価値が10円分上昇しています。これが円高と呼ばれる現象で、1,000米ドルの元金に対して、円安時とは正反対の影響を及ぼす結果となります。

このタイミングでドルを円に戻すと「90円×1,000米ドル=9万円」となり、1万円(10万円−9万円)の為替差損が生じるわけです。
このように、為替の変動によって利益が生じることが外貨預金の魅力であり、逆に損失を被ることもあるのが注意点であると言えるでしょう。

3. 外貨預金の金利とは?

前述したように、外貨預金では通貨の発行国における金利市場の動向に応じた利息を得ることができます。そして、その利回りは現行の円預金よりも高いケースもあります。

たとえば、東京スター銀行の「スターワン外貨定期預金」で南アフリカのランドという通貨を選択し、預入期間1年で5,000ランドお預け入れいただくと、年利2.50%の金利(税引後1.992%。2020年3月7日時点)が適用されます。同じ時点において1年ものの円定期預金に適用される金利は、年利0.015%の金利(税引後0.0119%。2020年3月7日時点)なので、金利は円で預金する場合の166倍に達しているのです。

米ドルの外貨預金にしても、米国が2019年7月と9月に金利引き下げという金融政策を実施した後であっても、1年もの定期預金で年利1.00%の金利(税引後0.796%。2020年3月7日時点)なので、円で預金するよりも高い利回りを期待できます。ただし、誤解してはならないのは、提示されている金利は外貨に換えた元金に対する利率です。

たとえば、米ドルの外貨預金に1,000米ドルを預けていたとしたら、1年で税引後約7.9米ドル「1,000米ドル×1.00%×(1-税率20.315%)」の利息がつく計算になります。そして、ドルを円に戻す時にはその時点の為替レートに応じて日本円に交換されることにも留意しておきましょう。

なぜなら、為替相場の動き次第では、日本円で受け取る利息も増えたり減ったりするからです。円安なら増えて、円高なら減ることになります。

4. おすすめの運用期間や通貨は?

おすすめの運用期間や通貨は?

円預金には普通預金や定期預金、仕組み預金といったいくつかの預入タイプがあり、それぞれにおいて預入期間も異なっています。その点は外貨預金も同様ですが、外貨預金では、様々な通貨を選択することができます。

東京スター銀行では、「スターワン外貨普通預金」や「スターワン外貨定期預金」、「王様金利外貨定期預金」、「スターエリート外貨定期預金」、「右肩上がり外貨定期預金」といったラインナップをそろえています。「スターワン外貨普通預金」はいつでも出し入れ自由で、「スターワン外貨定期預金」は預入期間1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年の4タイプ、「王様金利外貨定期預金」は1ヵ月のみ、「スターエリート外貨定期預金」は5年、10年の2タイプとなっています。

そして、商品によっても異なりますが最大5通貨(米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド)から自身の投資スタイルに合った通貨を選択することも可能です。

おさらいすると、外貨預金では、@為替差益、A日本の金利水準よりも高い金利の利息を期待できます(@には為替差損のリスクもあります)。もしも、@を優先したいなら、外貨普通預金や外貨定期預金の預入期間1ヵ月、3ヵ月などの満期が短い商品を選び、様子を見ながら継続運用(満期の更新)を行うのも一つの手です。

そうすれば、円に換える機会が頻繁に訪れるので、円安が進んだ局面と重なったタイミングを待つことが可能です。これに対し、Aの利息のほうに着目するなら、長い目でみたほうが利息の蓄積は大きくなります。

5. 資産の一部を外貨預金で運用して収益性の向上を図る

円預金に適用される金利の水準を見てもわかるように、もはや日本円だけでの運用を続けていても、ほとんど増やせない時代となっています。こうしたことから、資産の一部を外貨預金のように高い収益性を見込める金融商品にも投じ、収益性の向上をめざす人も増えてきているようです。

もちろん、外貨預金は為替差益や日本の金利水準よりも高い金利を期待できる反面、逆に為替差損が出てしまう可能性もあります。あくまで資産全体の一部にとどめておけば、過度にリスクを取ってしまう可能性は少なくなるでしょう。

資産の大半は円預金などにとどめてリスクを抑えつつ、外貨預金に預けた資金で収益性アップをめざすなど、資産運用では安定性と収益性のバランスを図ることが重要となってきます。

(基準日:2020年3月7日)



【本記事について】
本記事の計算結果は、簡便な方法で概算値を表示しているため、実際の取引や運用成果を保証するものではありません。
また、勧誘を意図しておらず、情報提供するものであり、参考としてお読み下さい。

【外貨預金について】
●外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初の外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
●外貨預金は預金保険の対象ではありません。
●円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)に、それぞれ為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります。したがって為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初の外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回るリスクがあります。なお、インターネットによるお取り引きの為替手数料は上記とは異なります。詳しくは店頭またはホームページにてご確認ください。
●外貨現金およびトラベラーズチェックでのお預け入れおよびお引き出しはできません。
●円預金からのお預け入れで、500万円超の取り引きにおける換算相場は、市場相場を参考に当行が取り引きの都度決定します。
●詳しくは店頭またはホームページにご用意しています商品説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。

【スターワン外貨普通預金について】
●変動金利です。
●「スターワン外貨普通預金(ポイント預金)」は、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルは外貨金額で1,000通貨単位以上、南アフリカランドは外貨金額で5,000通貨単位以上の残高で自動的にポイント計算し、段階的に上がるステージに応じた金利を適用します。
●各通貨ごとの残高が外貨金額で1, 000通貨単位(南アフリカランドは外貨金額で5, 000ランド)未満の場合は「スターワン外貨普通預金」として取り扱われます。
●詳しくは店頭またはホームページにご用意しています商品説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。

【スターワン外貨定期預金について】
●満期日の取り扱いは、自動継続方式(元利自動継続、元金自動継続)および満期受取方式のいずれかをお選びください。元利自動継続:利息を元本に加えて本商品と同一の期間のスターワン外貨定期預金を自動的に継続作成します。この時の金利は、満期日のスターワン外貨定期預金の店頭表示金利を適用します。元金自動継続:本商品と同一の元本・期間のスターワン外貨定期預金を自動的に継続作成します。この時の金利は、満期日のスターワン外貨定期預金の店頭表示金利を適用します。また、利息はスターワン口座の預入通貨と同一通貨の外貨普通預金へ入金します。満期受取:元利金をスターワン口座の預入通貨と同一通貨の外貨普通預金に入金します。この時の金利は、満期日のスターワン外貨普通預金の店頭表示金利を適用します。
●中途解約はできません。
●ご利用いただける方は、スターワン口座を保有される、国内居住の個人のお客さまです。
・店頭・テレホンバンク:原則満20歳以上かつ満期時年齢が満85歳未満
・インターネット:満20歳以上かつ満80歳未満
●本商品のご契約の最終判断は必ずお客さまご自身で行っていただきますようお願いいたします。
●商品や取引通貨、受付チャネルの違いにより、為替手数料が異なります。
●詳しくは店頭またはホームページにご用意しています商品説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。




<おすすめ情報>
外貨で積み立てるなら東京スター銀行がおトク!預入時の為替手数料0円(無料)!

キーワード:

全記事リスト

関連記事