東京スター 子ども応援プロジェクト

東京スター 子ども応援プロジェクト

現在、日本で増えている「子どもの貧困」においては、単純な経済的困窮だけでなく様々な不利を同時に抱えているがために、次世代への貧困の連鎖が問題となっています。約7人に1人の子どもが相対的貧困下にある※と言われ、その割合は、先進諸外国の中でも高く、問題となっています。
東京スター銀行では、子どもたち、また子どもたちを支える養育者やNPOへの支援が日本社会へ広まるよう、2019年より新たな施策を開始いたしました。

  • 厚生労働省 2019年国民生活基礎調査

社会的養護施設出身者等への奨学金

社会的養護施設出身者等の大学等進学率は高校卒業者全体と比べて大きな格差があります。
全高校卒業者のうち大学や専修学校等への進学率は74.1%、それに対して、児童養護施設や里親家庭出身者の進学率は27.4%と低く、中退率も高くなっています。その背景には、金銭面で親に頼れず、自分で準備しなければならないだけでなく、心理・生活上の不安定が通学や卒業を困難にしている現状があります。

東京スター銀行では、NPO法人ブリッジフォースマイルと連携し、社会的養護施設出身者等を対象にした奨学金制度『東京スター銀行奨学金』を実施しています。

この奨学金制度は、児童養護施設出身者だけでなく社会的養護(自立援助ホーム、里親家庭など)の生活経験がある若者を対象にして、大学等への進学を支援します。給付型奨学金による金銭面での支援に加え、ボランティアが月に1回奨学生と会って話を聞くメンター制度を設けることで、頼る相手の少ない子どもたちを精神的にも支えます。
また、2021年度募集の3期生からは、金銭管理をしながら奨学金を受け取る制度としてリニューアルしました。奨学生は毎月家計簿等で金銭管理を行い、その結果を報告して、翌月の奨学金を受け取るという仕組みで、これまで東京スター銀行で実施してきた金融教育の経験を活かしながら子ども達を支援していきます。

  • 厚生労働省 社会的養護の現状について(参考資料)平成29年12月

シングルマザーのための就労支援

日本のシングルマザーは、就労率が約8割と他国と比べて高い水準にあるにも関わらず、雇用形態や収入の男女格差などの影響もあり、就労収入が低いことが課題とされています。

東京スター銀行では、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむと連携し、シングルマザーのための就労支援プログラムを実施しています。

同プログラムでは、シングルマザー向けにビジネスマナー・PCスキルなどのキャリアアップ講座とライフプラン、教育費などシングルマザーとしての生活で必要な生活知識の講座を提供します。

東京スター銀行は、より安定した職業生活と家庭生活を送れるような支援を通じて、シングルマザーとその子どもたちの生活を応援していきます。

  • 厚生労働省 「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」

子ども食堂への活動資金支援

子どもの貧困への関心が各地で高まる中、地域の親子に食事を無料または低価格で提供し、温かい居場所づくり・交流拠点づくりを推進する子ども食堂が全国で広がっています。

東京スター銀行では、子どもたちの成長環境が温かく、豊かなものになるように、子ども食堂の活動を支援しています。多様な子ども食堂のそれぞれのニーズに合わせて、食材費だけでなくさまざまな使途で利用できる寄付金の提供だけでなく、支援先の子ども食堂において、行員によるボランティア・チャリティ活動などを実施しています。

東京スター銀行は、子どもたちを支える子ども食堂が地域にしっかりと定着し、さらに多くの子どもを支援し展開していけるよう、今後も子ども食堂の取り組みを応援していきます。

子ども食堂 “安心・安全プログラム” の実施

第三期からは、関係者の方々を守るための“安心・安全プログラム” を寄付先団体さまへ提供しています。子ども食堂では子ども、職員・スタッフだけでなく、ボランティアや保護者、地域の方々など多くの人々が関わります。今後、食堂が大きくなり、また全国で広がる中で、一定のコンプライアンスの基準を満たし、子どもを中心とした安心・安全を守ることが必要と考え、金融機関の強みであるコンプライアンス強化を各団体の状況に合わせて実行できるプログラムといたしました。