TOP働き方を知る > キャリアパス

働き方を知る 働き方を知る

Career Path キャリアパス Career Path キャリアパス

東京スター銀行でのキャリアパスは、実に多種多様。一人ひとりが自分の専門分野で、自分の力を存分に発揮できる、そのためのキャリアパスを自分で描ける自律したビジネスパーソンの集団を目指しています。

キャリアパス事例1 キャリアパス事例1
キャリアパス事例1 キャリアパス事例1

大学卒業後、東京スター銀行に入行。
コールセンターにて非対面でのセールスを1年経験した後、支店にてローン・リテール営業を担当。

2つの支店にてローン・リテール営業に携わった後、法人営業でのキャリアを実現すべく、自ら希望を出し、法人金融部門の中小企業のお客さまへの融資業務を行う部署へ移動し、現在活躍中。

キャリアパス事例2 キャリアパス事例2
キャリアパス事例2 キャリアパス事例2

大学卒業後、東京スター銀行に入行。
1年間の研修期間として、支店にてリテールセールスを半年、その後法人金融部門にて融資業務を半年担当。

その後、個人金融部門の商品開発部門に本配属となり、投資信託商品の導入や金融商品の開発などを4年間経験。

企画本部での業務経験を希望し、銀行全体の成長戦略・組織目標の策定などの業務を行う戦略企画部に異動し現在も活躍中。

キャリアパス事例3 キャリアパス事例3
キャリアパス事例3 キャリアパス事例3

前職の外資系金融機関では、システム統合のプロジェクトや、コールセンターでのトレーナー業務など複数の業務を経験。

東京スター銀行では、リテールマーケティング、リテールセールスを担当した後、1年の育児休業を取得。

復職後は、今までの経験を生かし、リテールセールスのトレーニング開発に携わり、現在も活躍中。

キャリアパス事例4 キャリアパス事例4
キャリアパス事例4 キャリアパス事例4

大手都市銀行にて中堅・中小企業を対象とした融資業務等を2年経験後、外資系金融機関に転職。

外資系金融機関では、リスクマネジメント部にて消費性ローン顧客を対象とした定量的リスク分析・統計モデルの構築を担当、大幅なパフォーマンスの向上、効率化の達成に貢献。

東京スター銀行に入行後は、信用リスクマネジメント部門にて定量的リスク分析・統計モデルの構築を担当、より専門性を高める。現在は、金融市場部門の証券化商品投資にて主に金銭債権の流動化・証券化案件の組成を担当。マネジメントスキルも身に付け、後輩育成においても活躍中。

プライバシーステートメント プライバシーステートメント