TOP仕事を知る行員紹介 > 陸田 諭史

仕事を知る 仕事を知る

Staff Interview 行員紹介 Staff Interview 行員紹介

リスクマネジメント部門法人信用リスク管理部※取材当時

陸田 諭史2011年度新卒入行

あるべき姿を深く考え、実現する。
ルールメーカーとして組織運営に貢献したい。
銀行のリスクヘッジに貢献できる数字管理やルールづくりがやりがいに。

就職活動における私のテーマは「成長」でした。自分が成長できる業界、成長できる職場を見つけることを最重要視した結果、多様なサービスを取り扱い、お客さまに総合的なソリューションを提案できる銀行なら、「人間力」を高められるのではと思いました。そして、さまざまな銀行を比較した時、他行とは違った視点でビジネスに取り組み、若手でも多くのことにチャレンジできそうな環境がある東京スター銀行がとても魅力的に映りました。
入行後に千葉支店・梅田支店で計4年半ほどリテール業務を経験した後、本部の資本市場クレジット部に異動し、2年後に現在の部署の前身である与信企画部に配属されました。
法人信用リスク管理部は銀行におけるミドルオフィスの業務を担い、私は与信管理担当として主に信用コストの見積もり・集計、自行格付け制度の運営、問題債権の管理業務などに携わっています。

銀行のリスクヘッジに貢献できる数字管理やルールづくりがやりがいに。

信用コストとは、融資先の倒産などによって発生が予想される損失額のことで、銀行のリスク管理においてとても重要なデータであり、定期的にその数値を集計して報告書を作成することが私のメイン業務です。直接、役員に数値の報告・説明をすることもあるので、とにかく数字を間違えないようにチェックする意識は高くなりました。
また、部署としてはフロントオフィスである営業部門や親会社からのさまざまな要望やオーダーを受けて、それぞれの案件について管理面での規約やマニュアルの確認を行い、審査部門が評価・判断する基準を提供します。場合によっては案件に合わせて従来のルールを修正したり、新しいものを作成したりするので、ルールメーカー的な役割も担っています。

銀行のリスクヘッジに貢献できる数字管理やルールづくりがやりがいに。

営業部門の要望に対して、管理面を意識しながら新しいルールを作り、実行後のモニタリング体制も整備して、課題解決への道筋が描けた時は仕事のやりがいを実感できます。
また、昨今ではフロントオフィスや審査部門の負担を軽減し、より効率的に業務を進めるために私たちが各部署間のパイプ役となって環境づくりを積極的に進めていくことが重要だと考えています。そのために、私自身も専門性を高め、自分のコアとなる知識・スキルを身につけていくことが必要だと思っています。そして、将来的には組織運営や財務など銀行全体に働きかける仕事に携わることが目標です。東京スター銀行には、私が就活時に感じていたように、成長の場が用意されています。その環境を活かして、気づき、深く考え、行動しつづけることが、自分の成長につながると信じています。

一覧ページに戻る

プライバシーステートメント プライバシーステートメント