TOP仕事を知る行員紹介 > 戴 海軍

仕事を知る 仕事を知る

Staff Interview 行員紹介 Staff Interview 行員紹介

IT部門システム推進部※取材当時

戴 海軍2016年度中途入行

多様なシステムに関わる経験を通して
システムを俯瞰的に捉える力が養われた。
多様なシステムに関わる経験を通してシステムを俯瞰的に捉える力が養われた。

私は中国出身で、現地の高校を卒業後、日本の大学に留学しました。就職活動時には日本の企業で経験を積み、日本社会を理解することが自分のキャリア形成と競争力向上につながると考え、日本のIT企業に就職しました。そこでエンジニアとして約8年間、主に金融関連のコールセンターシステム構築に携わりましたが、よりビジネスサイドで企画・マネジメント等の超上流工程の仕事をしたいと考え、東京スター銀行への転職を決意しました。
現在働いているシステム推進部は当行のIT戦略を実行する部署として、親会社であるCTBC BankのIT部門とも連携しながら各種プロジェクトを推進しています。

具体的な業務としては、銀行内に存在する各種システムの企画・設計からリリースまで一連のシステム案件推進、システム障害等への対応、当局への監査対応など多岐にわたります。

多様なシステムに関わる経験を通してシステムを俯瞰的に捉える力が養われた。

これまでに関わった案件として印象に残っていることが2つあります。1つ目は東京スター銀行と親会社のシステム連携プロジェクトに際し、PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)として中国語と英語の語学力を活用しながら、当行IT部門、CTBC Bank、外部ベンダーの間を取り持ち、プロジェクトをコントロールしたこと。
2つ目はシステム基盤更新プロジェクトにおけるPM(プロジェクト・マネージャー)として、チーム一丸となって短期間でリリースにこぎつけたことです。
東京スター銀行のIT部門として働くことの魅力は、銀行業務に関わる多様なシステムに関われること。そして1つのシステムに、企画から開発、運用、保守まで長いスパンで関われることです。その結果、俯瞰的にシステムを捉える視点も身につけることができました。

多様なシステムに関わる経験を通してシステムを俯瞰的に捉える力が養われた。

これからはフィンテックの技術革新によって金融ビジネスが大きく変革する可能性が高く、銀行でシステムに関わる仕事は大きなポテンシャルを秘めています。私自身、近い将来、東京スター銀行の経営戦略・IT戦略を支える超上流工程のシステム構築を担える存在になることを目標としています。そして、親会社のグローバルなネットワークを活用し、海外駐在などで英語を駆使した仕事もしたいと考えています。東京スター銀行にはそのチャンスが多くあります。
国籍を問わず多様な人材を受け入れ、一人ひとりが伸び伸びと働ける環境が整っている東京スター銀行で、今後も働いていきたいと考えています。

プライバシーステートメント プライバシーステートメント