外貨積立なら東京スター銀行がおトク!積立で預入時の為替手数料0円!

  • 支出の減らし方
  • 2020.01.06
インターネットバンキングの「おトク」と「便利」 インターネットバンキングの「おトク」と「便利」
皆さんは「外貨預金」にどのような印象をお持ちでしょうか。
「リスクがある!」、「自分とは無縁!」と思う方や、「銀行で外貨預金を持っている」「昔少しやっていたけど失敗した」という方など色々でしょう。

今回は外貨預金のお話です。

1. 外貨預金

1.1 重要な運用手法

外貨預金とは、外国の通貨で預金をすることです。

日本で生活をするうえでは、「円」の預金があり、その円を現金で出すことが出来れば、外貨預金は必要のない預金です。

しかし外貨預金は男性の4人に一人、女性の2人に一人が90歳まで長生きするこの時代において、老後資金を準備するための重要な運用手法の一つとして注目されています。

1.2 手数料

外貨預金のメリットやデメリットについてはここでは省略しますが、外貨預金をはじめとする金融商品には購入時や運用中、解約時などに一定の手数料がかかります。

このような手数料等のコストは運用の成果に非常に大きな影響を及ぼします。

例えば外貨預金の場合であれば、預入時よりも外国為替レートが円高に動けば、円換算額での損失が発生(元本割れ)しますし、その反対に預入時よりも円安に動けば、円換算額で利益が発生します。

2. 為替手数料

2.1 為替手数料の考え方

円換算で利益が発生していても、いざ円に替えると元本割れしてしまうケースもあります。
それが「為替手数料」です。

為替手数料は円から外貨に替える場合や、預金をしていた外貨を円に替える場合にかかる手数料です。

為替手数料は一般的に、「1ドルにつき○○円」というように、対象となる通貨ごとに決められています。

また、最近ではインターネットで取り引きをすると為替手数料が優遇され、店頭の場合だと1円の為替手数料がかかるところ、ネットなら0.5円とおトクに使える金融機関も多くあります。

一見大きな手数料には見えませんが、実際に大きな金額で取り引きをした場合にその影響が分かります。

為替手数料の考え方

1米ドルが100円だった場合に、円を外貨にするレートは1円プラスされて101円となり、外貨を円にする場合には1円マイナスされて99円となります。

つまり、手元に1万ドルがあり、為替レートが1ドル100円になった時に円に替えると100万円手に入るのではなく、為替手数料がかかりますので、1円マイナスされた99円での取り引きとなり、99万円が手元に入ることになります。


このように為替手数料は一見小さく見えますが、実際の運用時には大きなコストとなることが分かります。

外貨預金を検討する際には、しっかりと確認しておきたいポイントです。

2.2 手数料がおトクな金融機関

ここで耳寄りな情報です。


なんと東京スター銀行の外貨積立サービスでは、預入時の為替手数料が0円(無料)です。※

※引出時は為替手数料がかかります。[2020年1月6日現在]


為替手数料が0円になるのは大きいですね。

さらに、東京スター銀行の「スターワン口座」では全国のメガバンクやゆうちょ銀行、コンビニ内ATMの利用手数料が実質0円(月8回まで)、またインターネットバンキングでの他行宛振込なら振込手数料も実質0円(月3回まで)となるんです。

色々と便利になる世の中ですが、おトクに利用することも非常に重要です。

ぜひ、東京スター銀行の「スターワン口座」を便利におトクにご活用ください。



【外貨預金について】
●外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初の外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
●外貨預金は預金保険の対象ではありません。
●円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)に、それぞれ為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1南アフリカランドあたり0.25円)がかかります(お預け入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート<預入時>、TTBレート<引出時>をそれぞれ適用します)。したがって為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1南アフリカランドあたり0.5円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初の外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。なお、インターネットによるお取り引きの為替手数料は上記とは異なります。詳しくは店頭またはホームページにてご確認ください。
●外貨現金およびトラベラーズチェックでのお預け入れおよびお引き出しはできません。
●円預金からのお預け入れで、500万円超の取り引きにおける換算相場は、市場相場を参考に当行が取り引きの都度決定します。
●詳しくは店頭またはホームページにご用意しています商品説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。

【外貨積立サービスについて】
●毎月所定日にあらかじめお客さまが設定した金額(1,000円以上5,000,000円以 下)をスターワン円普通預金口座からスターワン外貨普通預金口座に当行所定のレートで預け入れるサービスです。
●対象通貨は米ドル・ユーロ・豪ドルの3通 貨です。
●振替日は、毎月6日、16日、26日のうち、ご指定いただいた日にちに振り替えます。
●土曜日・日曜日・振替日の午前11時が該当通貨の取引停 止時間に該当する日、その他マーケット都合による休場日など当行が設定する日は振替不能日となり、翌営業日が振替日となります。
●振替開始となるのは、お 申し込みいただいた月の翌月の振替日からとなります。
●円を外貨にする際(預入時)の為替手数料は無料となりますが、外貨を円にする際(引出時)に、為替 手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります(お引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTBレート〈引出時〉を適用しま す)。したがって為替相場の変動がない場合でも、お受け取りの外貨の円換算額が当初の外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとな る)リスクがあります。なお、インターネットによるお取り引きの為替手数料は上記とは異なります。詳しくは店頭またはホームページにご用意しています商品 説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。
●本預金ご契約の最終判断は必ずお客さまご自身で行っていただきますようお願いいたします。

【ATM手数料「実質8回/月」0円について】
●ATMご利用時には手数料がかかりますが、翌月第1銀行営業日にキャッシュバックいたします。
●ただしキャッシュバックの上限は、手数料が発生した月の預金平均残高の10%とさせていただきます。
●キャッシュバックの入金時点で口座を解約されている方は対象外となります。

【振込手数料「実質3回/月」0円について】
●インターネットバンキングでスターワン口座から他行宛てのお振り込みで発生した振込手数料毎月3回までがキャッシュバックの対象となります。
●ただし、「スターワン口座取引明細書」の郵送設定を「郵送しない」としていただいているお客さまが対象です。
●手数料はお取引時にいったん引き落とした後、原則お振込取引が実行となった日の翌月の第1銀行営業日に同額をスターワン円普通預金にキャッシュバックいたします。
●キャッシュバック実行前にスターワン口座を解約された場合は、キャッシュバックの対象外となりますので、ご了承ください。
●当行の都合により、予告なく中止、または内容を変更する場合があります。




<おすすめ情報>
@ 東京スター銀行の新規口座開設

A 外貨で積み立てるなら東京スター銀行がおトク!預入時の為替手数料0円(無料)!

B 東京スター銀行「4つのおトク」はこちら


キーワード:

全記事リスト

関連記事