金融円滑化に関する基本方針

株式会社東京スター銀行は、お客さまへの円滑な資金供給を、重要な社会的役割の一つと位置付け、金融円滑化に関するご相談・お申し込みについては、可能な限りご希望の沿うよう真摯な取り組みをしてまいります。

  1. 中小企業のお客さまや住宅資金をお借入れになっているお客さまからの新規融資申込みや借入条件の変更等の申込みには、お客さまの実情に応じた適切な審査(借入条件の変更等を行ったあとの新規融資申込みに関する審査を含む)を行うように努めます。
  2. 中小企業のお客さまや住宅資金をお借入れになっているお客さまからの新規融資や借入条件の変更等の相談・申込みには、お客さまにご理解いただけるよう適切かつ十分な説明を行うように努めます。
  3. 中小企業のお客さまや住宅資金をお借入れになっているお客さまからの新規融資や借入条件の変更等の相談・申込みに対する苦情・要望には、お客さまにご理解いただけるよう適切かつ十分な対応を行うように努めます。
  4. その他金融仲介機能を積極的に発揮するために必要な事項を適切に行うように努めます。

中小企業のお客さまへの対応

  1. 中小企業のお客さまから特定認証紛争解決手続(以下「事業再生ADR手続」という。)の実施の依頼を受けた特定認証紛争解決事業者より当該事業再生ADR手続の実施を依頼するか確認があった場合には、迅速な紛争解決のために当該依頼をするように努めます。
  2. 地域経済活性化支援機構から債権買取申込み又は事業再生計画に従って債権の管理又は処分をすることの同意の求めに適切に対応し、同意に係る事業再生計画について、中小企業のお客さまの貸付条件の変更等に協力するように努めます。
  3. 中小企業のお客さまからの借入条件の変更等の申込み、事業再生ADR手続の実施依頼の確認、地域経済活性化支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、他の金融機関や政府系金融機関、信用保証協会、中小企業再生支援協議会等が関係している場合には、十分で緊密な連携を図るように努めます。
  4. 中小企業のお客さまに対する経営相談・経営指導及び経営改善に向けての取組みにおいては、適切かつ十分な支援を行うように努めます。

住宅資金をお借入れのお客さまへの対応

  1. 住宅資金をお借入れになっているお客さまからの借入条件の変更等の申込みにおいて、他の金融機関や住宅金融支援機構等が関係している場合には、十分で緊密な連携を図るように努めます。