リバースモーゲージの不安を解消!メリットと注意点

  • お金の増やし方
  • 2018.11.01
リバースモーゲージの不安を解消!メリットと注意点 リバースモーゲージの不安を解消!メリットと注意点
シニアでも金融機関から融資を受けられるリバースモーゲージ。
自宅を担保にして融資を受け豊かな老後を送ることができる、メリットの多い融資方法ですが、仕組みが複雑でよく分からないという方もいらっしゃいます。
そこでリバースモーゲージのメリットとともに、気をつけておくべき注意点を詳しく解説します。

1. こんなに便利 リバースモーゲージのメリット

1.1 メリット@:自宅を売却する必要がない。住み慣れた家でこれからも暮らせる

リバースモーゲージは、自宅を担保に融資を受け、住み慣れた自宅でそのまま生活することができることが大きなメリットです。

長年住み慣れた自宅を手放して、不慣れな場所で家賃を払いながら生活するのは不安という方が多いと思います。

リバースモーゲージなら、住み慣れた家で安心して生活を送ることができます。

1.2 メリットA:日々の生活において元本の返済期限を気にする必要はない

持ち家を活用して融資を受けるリバースモーゲージは、老後の生活費確保の有力な手段となります。
契約者がお亡くなりになった時に一括返済するしくみなので、日々の生活において返済期限を気にする必要はありません。

毎月使用したお金の利息分だけを支払うことで、利息による借入金の増加を防ぐサービスもありますので、良く見比べることをおすすめします。

1.3 メリットB:病気や介護で急にお金が必要になったときも安心

病気や介護などで、急にお金が必要になるときもあるかもしれません。

また自宅の老朽化に伴うリフォームや、高齢化に伴うバリアフリー化のための資金が必要になる場合もあるでしょう。

リバースモーゲージの資金の受け取り方には、毎月決まった額を受け取っていく年金方式と、契約時にまとまって受け取る一括方式があります。

それ以外に、融資限度額だけを決めておき必要なときに受け取る「極度額方式」があり、日々の生活費には不自由がない状態でも、契約さえしておけば急な出費に対応できて安心です。

1.4 メリットC:原則としてお使いみちは自由

一般的なリバースモーゲージでは、融資を受けたお金の使いみちを、住宅購入や建築・リフォームなどに限定しているものが多いのですが、東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」なら、融資されたお金の使いみちが自由なので、趣味や海外旅行の費用にあてることも可能ですし、お子さまの住宅購入の頭金やお孫さまの結婚費用などの援助をすることもできます。

もちろん老人ホームなどの入居一時金にも使えます。
自宅の修繕やバリアフリー化するためのリフォーム資金にあてることも可能です。

ただし、事業資金や投資目的では利用できませんので注意が必要です。

2. ここに気をつけよう 注意が必要なポイント

ここに気をつけよう 注意が必要なポイント

2.1 金利が上昇した場合を考えておく

リバースモーゲージではほとんどの場合、定期的に金利を見直す「変動金利」を採用しています。
そのため、返済計画に金利上昇を見込んでおく必要があります。

金利が上昇すると毎月の支払い利息が増加、あるいは借入金が増加する可能性もありますので、定期的に利息のみを返済するなど、リスクテイクができるサービスのほうがより安心かもしれません。

2.2 不動産価格変動リスクがある

リバースモーゲージでは自宅の担保評価をベースにして、「いくらまでなら融資できるか」という限度額、「融資極度額」を決めています。

融資極度額は、変動幅を見込んで契約時の不動産評価額よりも数割(一般的には4〜6割程度)低めに抑えられていることが多いので、不動産の評価額が下がったからといって、すぐに借入金が担保物件の価値をオーバーして、その部分の返済を迫られるといった心配はありません。

ただし、借入期間は終身ですので、比較的長期になります。

その間に不動産価格が大きく変動する可能性はありますので、注意が必要です。

2.3 不動産を処分して返済を行うリスクがある

リバースモーゲージの場合、不動産の所有権はあくまでご利用者本人です。

ただし、ご本人がお亡くなりになり、契約が終了する際に現金で返済できない場合、担保物件すなわちご自宅を処分することで返済する必要がある場合がまれにあります。

通常は預貯金や保険などでのご返済、または配偶者さまが契約を引き継ぐこととなります。

あるいは、契約終了時にご自宅の売却益の一部でご返済を頂く場合もあります。

リースバックなどと違い、終身所有権がある自宅に住み続けることができる安心はありますが、契約終了時に代物弁債等にならないように注意が必要です。

2.4 共有物件である場合は注意が必要

物件が共有物件である場合は注意が必要です。

同居人の有無で条件が加わることがあります。
リバースモーゲージは通常物件共有者の方は配偶者に限定されます。

お子さまが同居している場合などには、任意後見制度の利用などが条件となることがあります。また物件共有者の方には連帯保証人になっていただく必要があります。

2.5 相続人になりうる人の同意が必要な場合がある

金融機関では、相続人になる可能性のある人(推定相続人)全員に対し、同意を得ることを契約の条件としている場合もあります。

家族構成などによって推定相続人の範囲は変わってきます。戸籍謄本等を参照し確認する必要がある場合もあります。

3. 不安を解消!顧客満足度の高いリバースモーゲージ「充実人生」

以上のようなメリットと注意点があるリバースモーゲージですが、さまざまな実績と経験を生かした東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」は、豊富な経験を活かしてご利用者さまの立場に立ったご提案をいたします。

55歳から利用可能で年齢の上限もなく、資金使途も自由(*1)で500万円から借り入れ可能と、他金融機関のリバースモーゲージより利用しやすく、ご用者の約94%(*2)がその内容に満足している非常におすすめの商品となっています。

また、ご利用者さまがお亡くなりになったとしても、配偶者への契約引き継ぎができるなど配慮されています。

いくつかのポイントにさえ気を付けていれば、リバースモーゲージは安心で信頼できる老後資金確保の手段となります。

しっかり検討して、豊かで楽しい老後を過ごしましょう。

(*1)事業資金、投資目的は除く
(*2)2015年 東京スター銀行調べ




<おすすめ情報>
@ 東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」

キーワード:

全記事リスト

関連記事