あなたの保険は家族の今と将来を守れますか?

  • 支出の減らし方
  • 2018.11.01
あなたの保険は家族の今と将来を守れますか? あなたの保険は家族の今と将来を守れますか?
保険会社のコマーシャルには、家族愛をテーマにしたものが多くあります。
思わず涙ぐんでしまいそうなシーンを思い出す方もいるのではないでしょうか。

なぜ「保険は愛」なのでしょう?
生命保険は、「万が一の際に、残された家族を経済的に守るための手段」となるものです。
互いを支えあって人生を歩む家族にとって、大切な一員をなくしたとしたら、その喪失感は考えるだけでも苦しくなりそうです。
失った存在を完全に埋め合わせることはできないとしても、せめてお金の心配はしなくて済むように備えることが、家族に示すひとつの深い愛情表現ともいえます。

生命保険に加入することは、責任ある大人の尊い決意でもあるのです。

1. 保障と保険料

では、保険金額が大きいほど愛も深く大きいのでしょうか?
死亡保障だけでなく、さまざまな困難を想定してなるべく多くの保障をつけておくことが、愛する家族のためなのでしょうか。

残念ながら保険は、家族のように無償の愛を提供してくれるものではありません。
そのため、期待する結果相応のコストを負担する必要があります。

つまり、保障の範囲と額が大きければ大きくなるほど、毎月支払う保険料も高くなります。
また、保険は他の金融商品に比べても複雑で、同じような商品でも保険料が異なることが多くあります。

例えば、30歳男性の死亡時3,000万円という定期保険の月々の保険料を複数の保険会社で比較してみると、3,000円台前半から約6,000円まで開きがあります※

これは、各保険会社の販売経費を含む必要コストともいえる付加保険料の違いが大きな理由ですが、定期にするか終身にするか、医療保障にがん特約を付加するか…など、他にもさまざまなオプションがあり、その組み合せによって支払う保険料総額は大きく異なってきます。

※30歳男性10年3000万円定期保険(無配当)を基準として、保険会社のサイトおよび保険比較サイトでのシミュレーション比較結果

2. 正しい保険選びも家族への愛

今を健康で豊かに暮らすための家族の生活費が、割高な保険料で圧迫されるのは本末転倒だといえます。

いろいろな選択肢の中から、国や勤め先からの公的保障を考慮したうえで自分に最適な保険商品を選択すること、同じ保障であれば割安なものを選ぶ賢明さも、愛情なのではないでしょうか。

金融商品を購入する際、一番望ましいのは、その商品について自らきちんと理解し、支払うコストやリスクまで良く知ることです。

とはいっても、保険商品の膨大で複雑な内容を勉強して検討する余裕の無い場合もあるでしょう。

そんな時は、資格を持った相談員を活用することをお勧めします。
多くの相談員は多種多様の保険商品の知識に加え、いろいろな方のケースを見ながら経験を重ねています。

今の生活と将来を見据えてどんな種類の保障がどのくらい必要なのか、一番相応しい保険内容を一緒に考えてくれる信頼できる保険のプロに相談できれば、家族の不安もずっと小さくすることができるのではないでしょうか。

愛する家族のためにも、今一度自分に合った保険とは何か考えてみませんか。


東京スター銀行では、保険見直し相談を実施しています。
ご相談は、もちろん無料。現在加入されている保険内容の確認だけでもOKです。
保険のプロが、あなたに最適な保障プランづくりをお手伝いします。




<おすすめ情報>
@ 保険見直し相談

キーワード:

全記事リスト

関連記事