家計管理のコツ-3:
支出を確認しよう(2)
1ヵ月の支出

  • 支出の減らし方
  • 2019.03.25
家計管理のコツ-3:支出を確認しよう(2)1ヵ月の支出 家計管理のコツ-3:支出を確認しよう(2)1ヵ月の支出
前回の「家計管理のコツ-2」では年間の特別な支出についてお話ししました。
書き出してみていただけたでしょうか?
まず今がどんな状態かを知ることが大切ですから、大まかで構いませんので、やってみてくださいね。
今回は、毎月の支出についてお話ししたいと思います。毎月の支出も、年間の特別な支出と同じように、書き出してみましょう。

1. 1ヵ月の支出の例

前回に引き続き、例としてCさん(男性、既婚、自宅と車を所有)の毎月の支出をみていきましょう。

<Cさんの毎月の支出>

  • 住宅ローン75,000円
  • 自動車ローン15,000円
  • 食費・日用品60,000円
  • 電気・ガス・水道費20,000円
  • Cさん小遣い25,000円
  • 奥さま小遣い5,000円
  • 携帯電話代(夫婦)15,000円
  • 生命保険料25,000円
  • 雑費20,000円
  • 教育費(お子さまの習い事等)10,000円

以上、27万円になりました。Cさんの場合は、年間の特別な支出と合わせて、だいたい年間360万円の支出があることが分かりました。

細かく書き出すとキリがないので、大まかに書き出しても問題ありません。まず、どれくらい支出があるのかを「見えるようにする」ことが大切です。

特に医療費や冠婚葬祭があると支出額が変動しますので、1ヵ月分を書き出すときは、1年間の平均で考えると1年間で見たときにばらつきが少なくなります。

ここでチェックしていただきたいのは、前回お話しした年間の特別な支出と今回の毎月の支出×12ヵ月分がご自身の年間の収入でまかなえているかどうか、ということです。支出の方が多いという方は、収入が増える予定がある場合を除いて、支出を見直す必要があるのです。

2. 支出見直しのポイント

見直しの方法としては、年間の支出と毎月の支出を眺めて、削減できそうな項目から検討してみましょう。
最も効果が見込まれるのは、次の順です。

@固定費
A変動費

また、年間の支出は金額が大きいことが多く、見積や条件を見直すことで下げられる可能性があります。
次回「家計管理のコツ-4」では支出の見直しについてお話しします。

カードローンをお持ちの方はまず、カードローンのおまとめ、カードローンの解約からはじめましょう。




<おすすめ情報>
@ スターワン乗り換えローン(おまとめローン)

キーワード:

全記事リスト

関連記事