家計管理のコツ-4:
支出の見直し

  • 支出の減らし方
  • 2019.04.08
家計管理のコツ-4:支出の見直し 家計管理のコツ-4:支出の見直し
前回の「家計管理のコツ-3」までに、年間の特別な支出、毎月の支出を書き出していただけましたか。実際の金額が違う、という方は、クレジットカードの明細を見たり、1ヵ月間レシートをとっておくなどして、実際の支出を確認するのもひとつの方法です。

今回は、書き出していただいた支出をもとに、支出の見直しについてお話しします。

1. 支出の見直し方法の例

前回少しお話ししましたように、支出の見直しは、まず固定費を減らすことが重要です。
固定費は、一度見直すと、その後は何もしていなくとも支払いを減らせるからです。

さて、Cさんの場合は、どの項目を見直せるでしょうか。

■ 年間の支出

  • 5月自動車税 3万円
    奥さまへ誕生日プレゼント 1万円
  • 6月固定資産税 3万円
    お子さまへ誕生日プレゼント 5千円
  • 8月帰省費用 3万円
  • 9月車検 8万円(2年ごと) ←見直し@
    固定資産税 3万円
  • 11月自動車保険の更新 5万円 ←見直し@
  • 12月帰省費用 3万円
    固定資産税 3万円
    クリスマスプレゼント 5千円
  • 2月固定資産税 3万円

■ 毎月の支出

  • 住宅ローン75,000円 ←見直しA
  • 自動車ローン15,000円
  • 食費・日用品60,000円
  • 電気・ガス・水道費20,000円
  • Cさん小遣い25,000円
  • 奥さま小遣い5,000円
  • 携帯電話代(夫婦)15,000円 ←見直しA
  • 生命保険料25,000円 ←見直しB
  • 雑費20,000円
  • 教育費(お子さまの習い事等)10,000円

<見直し方法の例>

  • 見直し@ 車検と自動車保険は、他の会社で見積りをとって比べることで、費用を下げられることがあります。
  • 見直しA 住宅ローンは、金利プラン(固定金利または変動金利など)を見直してみることや、他の銀行で金利の低い住宅ローンに借り換えできることがあります。※借換時の手数料分も加えた総額で比較してください。
    携帯電話代は、格安スマホに変えることで6000円程度になることも。
  • 見直しB 生命保険は、保険商品によって保障の内容も、その費用もさまざまです。時々、保障内容を見直して、保障内容は適切か、保険料が家計と比較して払いすぎでないかなどを確認することが大切です。見直すタイミングは、結婚、出産、家を購入した時などです。見直しにより、保険料を削減できることがあります。

2. まとめ

上記は一例ですので、支出を書き出してみて、多いと思ったところを見直せないか、考えてみましょう。
意外と多いのが雑費です。雑費の中で、何に使ったか分からない場合は、まずは雑費の中身を「見えるようにする」ことからはじめましょう。

カードローンをお持ちの方はまず、カードローンのおまとめ、カードローンの解約からはじめましょう。




<おすすめ情報>

@ スターワン乗り換えローン(おまとめローン)

キーワード:

全記事リスト

関連記事