リバースモーゲージの仕組み 超カンタンまるわかり!

1.そもそもリバースモーゲージは、どんな仕組みの金融商品?

ごく簡単にいうと、リバースモーゲージとは自宅(持ち家)を担保にしてお金を借りられるという制度です。返済方法としては、リバースモーゲージのご契約者様が亡くなった後に預金、自宅売却などを通じて返済が行われるような仕組みになっています(返済方法は金融機関によって異なります)。

「自宅を担保に融資を受ける」という点は共通しているものの、お金の受け取り方については金融機関によって違いが見られます。例えば毎月一定額ずつ融資を受ける「年金タイプ」や、まとまったお金を一括で受け取る「一括タイプ」、定められた枠内で必要に応じて希望の金額を借りる「都度融資タイプ」といったさまざまなものがあり、金融機関によって選択肢が異なっています。

2.住宅ローンとリバースモーゲージは、どこがどう違うの?

住宅をめぐる金融商品として住宅ローンがありますが、住宅ローンとリバースモーゲージでは、どこが違っているのでしょうか?

まず、異なるのがローンを組む際の資産状況です。住宅ローンの場合はこれから家を買うのに対し、リバースモーゲージの場合はすでに所有しています。

また、お金を借りる商品であっても目的が異なります。住宅ローンは、お金を借りて手に入れたご自宅を担保とし、毎月コツコツと元本と利息の返済を続けます。対して、リバースモーゲージはもともとご自身の所有物だったご自宅を担保にお金を借りて、ご契約者様が亡くなった時点で返済方法をご選択いただくことになります。

住宅ローンとリバースモーゲージには上述のような違いがあります。リバースモーゲージは空き家対策や、将来的に子どもが実家を受け継ぐ意思はまったくないなど、むしろマイホームが遺産になることで生じる問題への対策としても注目されています。

3.民間のリバースモーゲージならではの魅力とは?

リバースモーゲージは、高齢者世帯の生活支援を目的に地方自治体のような公的機関が用意しているものと、民間の金融機関が個別に提供しているものに大別することもできます。どちらも基本的な仕組みは共通しているのですが、条件などがかなり異なっています。

当然ながら、公的機関は営利目的でリバースモーゲージを取り扱っているわけではないため、民間と比べて金利面が利用者に有利な設定になっているケースもあります。とはいえ、その分だけ融資条件が厳しく、ご本人様のみならず同居人の収入状況も問われるなど、実質的に利用できるケースが限定的になってくるのが実情です。

その点、民間の金融機関が提供しているリバースモーゲージはより幅広い方がご利用できる内容となっています。

4.東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」の特長と仕組み

ここからは東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」のお話をさせていただきます。東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」の場合は、他の金融機関が取り扱っているものとは融資の受け方のみならず、返済方法の種類も豊富で、より幅広いニーズに応えられるのが特長です。

融資方法については毎月のお利息をお支払いいただく「利払いあり型」があり、ご融資極度額は300万円以上1億円以内(10万円単位)です。実際のお借り入れ残高が極度額に達するまで何度でもご利用いただけます。

利息部分は毎月支払うことになりますが、元本部分は元本返済期日(ご契約者さまがお亡くなりなった日)における一括返済です。ただし、実際に死亡日にご返済することは難しいため、実質的には死亡後6ヵ月以内の一括返済になります。返済方法については、相続人の自己資金等による現金でのお支払い、担保物件の任意売却によるご返済など、さまざまな方法を選べます。

ご契約者さまの配偶者の方が本商品を利用されたい場合、当行で改めて審査を実施いたします。審査の結果、配偶者の方へのご融資が可能と当行が判断した場合に限り、お借り入れいただけます。また、相続登記、債務者変更登記等の登記費用の他、印紙税や極度貸付手数料が新たに必要となります。*配偶者の方とのご契約ができない場合もございますのであらかじめご了承ください。

  • 上記以外にも、毎月の利息支払いがなく、利息がお借り入れ残高に組み入れられる「利払いなし型」(利息元加タイプ)もございます。
    詳しくは商品説明書をご確認ください。

5.東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」の利用条件とは?

融資方法や返済方法のみならず、利用条件や担保条件、資金の使途、対象エリアなどは金融機関によって少なからず違いがあります。「どこも大差なし」と決めつけず、きちんと比較したうえで、ご自身の希望を最も満たしてくれそうなところを選ぶのが鉄則です。

例えば、遺言信託などといった特定の金融商品を利用している場合だけに対象を絞っているケースもありますし、融資条件なども異なっているのが実情です。ちなみに、東京スター銀行の「充実人生」にはそのような制約は特に設けられていません。

東京スター銀行の「充実人生」は、ご契約者ご本人契約時年齢55歳以上84歳以下(配偶者の方がいらっしゃる場合は配偶者の契約時年齢50歳以上)で、年収が120万円以上(年金収入など、長期安定的に見込める年収)、自己または配偶者名義の一戸建てまたはマンションに原則として単身またはご夫婦で住まれていればお申し込みが可能となっています。(当行担保評価額が戸建ての場合1,000万円以上、マンションの場合2,000万円以上の物件が対象です。また、当行担保評価額以外にも一定の条件がございます。)また、日本国籍の方のみならず、外国籍でも日本の永住権を持っていて国内居住の個人の方であれば対象となっています。すでに有料老人ホームなどに入居しているケースでもご相談いただけますし、担保評価が難しいマンションも融資の対象となる場合もあります。

  • 上記以外にも、年収が120万円未満で、ご契約者ご本人契約時年齢70歳以上84歳以下の方(配偶者の方がいらっしゃる場合は、配偶者の契約時年齢70歳以上の方)におすすめの「利払いなし型」(利息元加タイプ)もございます。(当行担保評価額が戸建ての場合2,000万円以上、マンションの場合3,000万円以上の物件が対象です。 また、当行担保評価額以外にも一定の条件がございます。)
    詳しくは商品説明書をご確認ください。

使途についても、東京スター銀行の「充実人生」はご本人様または配偶者の方の生活にかかる資金であれば、特に細かい制限が設けられていません。例えば、医療費や介護費、老後の生活資金(有料老人ホームへの入居資金なども含む)、住宅の建替え・改築(バリアフリー住宅建築など。店舗併用住宅を含む。ただし、第三者が営業する店舗は除く)といったことにご利用いただけます。

ただし、事業目的や投資目的などのように、生活にかかる資金に該当しない場合は融資の対象外となるのでご注意ください。

6.リバースモーゲージで広がる資金調達の可能性

このように、リバースモーゲージはシニアの方の資金ニーズに柔軟に対応できる金融商品です。しかし、金融機関によって具体的な商品性や条件などにかなりの違いが見られるので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

そういった点を踏まえて、東京スター銀行では幅広いニーズに応えられるリバースモーゲージとして「充実人生」を提供し、実際に多くのお客さまからご好評いただいております。老後のことに限らず、ライフプランやマネープラン全般に関して総合的に相談できますので、お金のことで少しでも不安やお悩みを抱えていたら、まずはお気軽に問い合わせてみてください。

お金の見通しラボ