保険見直しの時期だから、改めて考える「なぜ銀行で保険の話」

  • 支出の減らし方
  • 2018.11.01
保険見直しの時期だから、改めて考える「なぜ銀行で保険の話」 保険見直しの時期だから、改めて考える「なぜ銀行で保険の話」

1. はじめに

1.1 はじめに

テレビCMでも、「銀行で保険の話ができること」をアピールしているものがよく放映されています。

保険でカバーすべき保障は、ライフステージと密接な関係があるので、進学や就職などの時期は、保険のことを考えるには絶好の時期であるといえます。

しかし、多くの人にとっては、まだまだ「銀行で保険に入れるなんて知らなかった」というのが現状かもしれません。

今回のコラムでは、「銀行で保険の話をすることのメリット」について、考えてみたいと思います。

2. 銀行で保険を見直すメリット

2.1 メリットその1:お金のトータルコーディネート

たとえば、家具を買い揃えるとき、いろいろなお店を見てまわり、さまざまなテイストのものを組み合わせて自分なりのインテリアにしたいという人がいる一方で、一箇所ですべてのものを買い揃えることでひとつのテイストに統一したい、時間と労力を節約したい、と思われる方もいるでしょう。

お金の管理についても、同じことが言えると思います。

必要な保険金額は、保険だけを考えて決まるわけではなく、預金や運用中の資金、あるいは住宅ローンなども含め、さまざまなお金のことを一緒に考えることで、はじめて最適な額が決まります。

例えば、住宅ローンを借り入れるときは、団体信用生命保険(団信)に加入することが一般的ですが、新たに保険に加入することで保障が増加するわけですから、これまで加入していた生命保険等と保障の重複がないか等を見直す絶好の機会となります。

銀行であれば、住宅ローンの相談の際に、保険の見直しすることができて便利ですし、資産の運用もふくめトータルコーディネートしたご提案をすることが可能です。

別記事の『住宅ローン契約時は、保険見直しのタイミング』では、住宅ローン契約時に加入する保険である「団信」と保険の見直しとの関係についてご紹介しています。

2.2 メリット その2:保険と預金のバランスを考えられること

生命保険にも、「貯蓄型」の保険があります。

「普通に預金しただけだと使ってしまいそうだから、貯蓄型の保険に入っている」という声を少なからず聞きます。

しかしながら、もし何かで必要になった場合、円の普通預金や一般的な円定期預金であればすぐに使えて損にもなりませんが、保険であれば中途解約しなければなりません。

そして、「貯蓄型」保険を中途解約すると、払い込んだ保険料より戻ってくるお金(解約返戻金)が少なくなることが多々あります。

そのような中途解約のリスクを負ってまで保険に貯蓄の役割を求めたいのか、ということは、保険に入る際にはしっかり考えていただきたいところです。

保障の部分は、「掛け捨て型」保険でまかない、貯蓄部分は、保険以外の運用商品でまかなうような組み合わせの方が、結果としておトクなケースが十分考えられるからです。

自分で様々な組み合わせを検討し、コーディネートするのが理想ですが、時間や労力などの制約があってそれが難しい場合、銀行がそのお手伝いをさせていただきます。ぜひ一度、東京スター銀行であなたの保険を見直してみませんか?




<おすすめ情報>
@ 保険見直し相談

キーワード:

全記事リスト

関連記事